巻き爪を早く治療しよう

>

どうして巻き爪になるのか

遺伝や加齢が原因の場合

両親が巻き爪になりやすい人は、遺伝の関係で子供もなりやすいです。
まだ巻き爪になっていなくても、油断しないで皮膚科を見つけておきましょう。
すると急に巻き爪になって大きな痛みを感じた時に、すぐ病院へ行けます。
遺伝が原因の場合は残念ですが、効果的な対策はありません、
巻き爪になった時に慌てないよう、良い皮膚科を見つけておくのが対策になります。

また高齢者は、巻き爪になりやすいと言われています。
爪は、水分が足りなくなると硬くなります。
年齢を重ねると体内の水分が足りなくなるので、硬くなったり乾燥しやすくなったりします。
さらに乾燥すると、爪は縮みます。
その時に爪の柔らかい部分を一緒に巻いて伸びるので、巻き爪になります。

爪を正しく切ろう

巻き爪になってしまう人の多くは、正しい爪の切り方を分かっていません。
爪切りの正しい方法を知ることで、巻き爪になるリスクを軽減させることができます。
あまり爪を短く切らないように注意してください。
短くし過ぎると、爪が皮膚に食いこんでしまいます。
また、爪の形はスクエア型が理想だと言われています。
サイドを丸く切ると、爪が変な形になります。

正しい爪の切り方を理解することで、自分の爪を守れます。
長すぎると危険なので、定期的に切るのは良いことです。
上手く切れない人は、皮膚科の医師に相談してください。
医師から詳しいやり方を説明してもらえば、綺麗に足の爪を切れるようになります。
巻き爪にならないよう、対策をしましょう。