巻き爪を早く治療しよう

>

どのくらいの費用があれば良いのか

ワイヤーを使って巻き爪を治す

皮膚科に行くと、ほとんどのケースだとワイヤーを使って巻き爪を改善します。
まず、爪の両端に穴を開けます。
そこにワイヤーを通してワイヤーを引っ張ります。
巻き爪が引っ張られて、矯正されるという仕組みになっています。
治療費は、10000円前後だと言われています。
保険を適応することはできないので、全額自腹になります。

また、1回で終わる治療方法ではありません。
何回か皮膚科に通わなければいけないと覚えておきましょう。
2回目からは少し費用が安くなって、4000円程度で済みます。
完全に巻き爪が治るまでは、1年近くかかります。
治療費を合計すれば、30000円前後になるケースが多いので、前もってきちんとお金を用意しておきましょう。

手術をして巻き爪を改善

巻き爪の状態によっては、ワイヤーが使えないと医師から判断されることがあります。
その際は手術によって巻き爪を改善することになります・
薬剤で、爪の根本を焼く方法が一般的です。
もちろん麻酔をするので、大きな痛みを感じることはないので安心してください。
簡単に終わるので、5分程度の施術時間になっています。

また料金も、こちらの方法だと7000円前後です。
こんなに安い理由は、保険が適応されるからです。
巻き爪を放っておくと、化膿してしまうことがあります。
その時は爪に穴を開けるわけにはいかないので、ワイヤーの方法が使えません。
代わりに、このような手術をします。
手術したあとは痛みが無くなるので、すぐに帰宅できます。